JN1BPM's BLOG !
jn1bpm.exblog.jp

JN1BPM since 1980
My Bookmarks
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のコメント
最新のトラックバック
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
珍グリッド
from 続 JA1GZK Notes
かわご石山 (太田市/桐..
from 上州東毛 無軌道庵
8J120JAS・「ふじ..
from やまおく@JH最大の難所
フォロー中のブログ
記事ランキング
ライフログ
以前の記事
カテゴリ:Award Gallery( 3 )
2002 FIFA World Cup Award (KARL)
d0032834_1124323.jpg

d0032834_21255082.gif 2002年、日韓共催のFIFA World Cupを記念して、韓国アマチュア無線連盟(KARL)より発行されたアワード。隣国でもあり、50MHzのEスポのQSOのみでBronze賞(HL17FWC,DTシリーズの特別局,3局以上の特別プリフックスの個人局)の要件を満たしたので申請。慶事にふさわしいデザインのアワードである。(そういえば共催の一方の我が国の某無線連盟はFIFAのマークも使用していない弱腰?な記念アワードを発行してたっけ。)もちろん50MHz特記。(たしかJAでは私だけ)

d0032834_11492296.jpg
HL17FWC
 (Seoul, on May.15 2002, 50MHz, 2xCW)





d0032834_16525889.jpg
DT5FWC
 (Gwangju on June 10 2002, 50MHz, 2xCW)







 今回の2006年大会は、開催地ドイツから多数の記念局がQRVしているようだが、HFはやっていないので残念ながら蚊帳の外。AO-40が生きていればQSOできたのに・・・・と残念でならない。次の2010年も南アフリカだしな・・・・
[PR]
by jcc1612 | 2006-06-15 11:52 | Award Gallery | Comments(0)
Satellite WAJA ~苦節5年

d0032834_2353530.jpg

 苦節5年。やっとゲットしました。週一回程度の運用で、衛星のみで全都道府県と交信するのは、予想以上にたいへんでした。同一都道府県特記も申請したら「群馬県」と入りました。

 最近JARLアワードは自己宣誓方式になりました。先週の金曜日に振替&自己宣誓申請書を電子申請→月曜日に受領のメールがJARLよりあり→水曜日にアワードが届く・・・といった具合です。週末をはさまなければもっと速いのでしょう。でも何だか「アワードを買った気分」ですね。もう少し待たされてもいいような。

 正員2名の証明をもらうのが大変だから自己宣誓方式・・・みたいですが、アワードなんて所詮自己満足だからそれでもいいのでしょうけど、証明印をもらいにいって、苦楽をともにした仲間や師匠、あるいはその分野に興味をもっている仲間にQSLを見てもらいながら、想い出や苦労話に花が咲いたりするのも、それはそれでよかったのではないかなと思います。
[PR]
by jcc1612 | 2005-12-22 23:27 | Award Gallery | Comments(4)
Satellite WAC
d0032834_2153125.jpg

早いもので、SatelliteWACを完成させたベネズエラのYV1DIGとのQSO(2003年9月23日)から2年が経つ。

当時のことをJN1BPM's HomePageより引用してみる。
 衛星で最も日本から交信の難しいといわれる南米.幸いにもAO-40では、AO-13と違い関東では仰角10度以下で僅かに南米とのWindowがある.YV1DIG Paoloさんが、好意的にJAと交信してくださり、CWも可能ということでe-mailを出してみたら、快くスケジュールに応じてくれた.YVとの間では仰角10度以下で交信可能であるが、しかしそこは東の空.東毛(群馬東部)北部は低山が連なる.自宅は隣家の立木と山、職場では山でやはり仰角15度程度まで見えない.自宅、職場で各一度試みたものの、やはり聞こえず.こうなったら移動運用してでも南米を狙うことに決める.9月15日夜中、スケジュールを組み、自宅から1.5km南にある東側に見晴らしのきく桑畑の中の笠懸町の(寂しい)某公園駐車場に移動.(ここでも仰角5度まで山のため、ミドルビーコンが聞こえないことが判明)虎視眈々と待ち構えていたが、聞こえず!(Paoloさんの都合でQRVできなかったとのこと)捲土重来、再度9月23日夜中に4度目のスケジュールを組み、万全の準備で同じ地点に移動.仰角5度を越え、彼のCWが聞こえてきたときは、胸高なった!ついに悲願、サテライトWAC完成! 帰宅しての酒はうまかった!

 この時の設備は、アップリンク(430MHz)用にIC910D+10el八木+投光器用三脚、ダウンリンク(2.4GHz)用にDrake2880改(JF6BCCスペシャル)+28エレループ八木+マイクスタンド、軌道計算用にCalsat32を搭載したLibretto60、電鍵+ミニキーヤPK-4、バッテリ、同軸(2系統)、デュプレクサ(かぶり防止用)、電波腕時計、携帯電話(JA1COU局にサポートいただいた)だったと記憶している。ワンボックスタイプの車に乗っているので、アンテナ一式はあらかじめ組み立てて車載した。

 もっとAO-40が長く使えたら、いろいろなところとQSOできたろうに残念である。
[PR]
by jcc1612 | 2005-09-21 22:06 | Award Gallery | Comments(0)