JN1BPM's BLOG !
jn1bpm.exblog.jp

JN1BPM since 1980
My Bookmarks
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のコメント
最新のトラックバック
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
珍グリッド
from 続 JA1GZK Notes
かわご石山 (太田市/桐..
from 上州東毛 無軌道庵
8J120JAS・「ふじ..
from やまおく@JH最大の難所
お気に入りブログ
記事ランキング
ライフログ
以前の記事
カテゴリ:Gears( 9 )
買っちゃったよ、RF-2D
d0032834_936788.jpg
トレイルランの練習にもなるかなと思って、つい。

まぁやるにしても
脚は日々鍛えてるからいいとしても、
これを持つ右肩が五十肩でつらい(笑)んだけど

[PR]
by jcc1612 | 2017-01-23 09:40 | Gears | Comments(0)
WxBeacon
d0032834_920540.jpg
ウェザーニューズから新観測装置、WxBeacon !!
キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

気温・気圧・湿度を24時間自動観測
Bluetooth でiPhoneにデータ転送できる!
すばらしい!

・・・これ、APRSのWX stationに使えるようにならないものか

[PR]
by jcc1612 | 2015-06-27 09:21 | Gears | Comments(0)
SDRに挑戦!
 台風のせいでどこもでかけられない徒然に、この間買ったUSBワンセグテレビチューナー「DVB-T+DAB+FM」をソフトウェアラジオ受信機化してみることにしました。

 ※SDR(Software Defined Radio)「ソフトウエアラジオ」は出力や周波数帯、変調方式などが異なるさまざまな無線通信手段を、1台の無線機のソフトウエアを書き換えることで対応する技術のこと

 まずはサポートが切れ、もはや死蔵中のWindowsXPのPC、及びWindows8.1のPCでやってみました。が、なかなかRTL2838Uドライバを認識してくれず。早くも銭失いの予感がしてたので、ググってみると、MacOS Xではデバイス云々の苦労もなくgqrxというソフトで楽しめるとのこと。Mac OS用にポーティングしビルド済みのバイナリを配布されているDekarさんのblogで、iMac(MacOS 10.9)に最新版のgqrx_8.dmgをインストール。いやぁWindowsで苦労はなんなのかと思うほど、何の苦労もなく地元のFMぐんま(86.3MHz)の受信に成功しました。SDRするならMacOS機でいいかも。
d0032834_15413453.jpg

【参考】
 MacでSDRするならgqrxがとても簡単 (Computer Radio RF Tech) :2014年10月5日閲覧
 OS X port of the awesome gqrx SDR software [Update 07/01/2013] (ELIAS' BLOG) :2014年10月5日閲覧

 これでデバイスは無事動くことがわかったので、次は再びWindowsで挑戦してみます。

 先行して購入されていたFacebookの知り合いのSさんにドライバの件を相談したところ、以下のサイトを紹介していただきました。ここはとても参考になりました。Sさん、ありがとうございます。
【参考】
 USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール方法(トラブル回避の方法解説) (KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR)  :2014年10月5日閲覧

 無事ドライバの導入に成功、Windows8.1のPCで定番のSDR#というソフトを用いて、地元のFMぐんま(86.3MHz)の受信に成功しました。なかなかかっこいいインターフェイスで音質も予想以上。

d0032834_15232041.jpg


 しかし手持ちのWindowsXPのPCでは、なんとしてもドライバを組み込めず、断念。死蔵となっているXPで動かせればよかったのですが。
 WindowsでのSDRはドライバをちゃんとインストールできるかがキモですね。

d0032834_15442935.jpg

 付属のショボいアンテナではFMぐんま/NHK前橋/放送大学しか聴こえませんが、なかなか良い音質です。FMぐんまで実に何十年ぶりに山下達郎の番組を聴きました。横で見ていたセガレに「そんな苦労しなくてもradikoで聴けるじゃん!?」と言われました。セガレよ、お前は男のロマンがわからないな。これを無線のアンテナつなげばHROやら気象FAXやら消防無線やら航空無線やら受信できるのだぞ!(笑)

 変換コネクタで無線用のアンテナに接続して、いろんな受信にチャレンジしてみたいと思います。

de JN1BPM
[PR]
by jcc1612 | 2014-10-05 22:01 | Gears | Comments(2)
DVB-T+DAB+FM
d0032834_7595844.jpg
ソフトウェアラジオができるという
「DVB-T+DAB+FM」(ヨーロッパの地デジ用)が
Amazonで1175円で売られていたを見つけ、衝動買い!

PCの助けがいるとはいえ、
この大きさで広帯域受信ができるとは隔世の感。

使い道のなくなったWindowsXPのPCに設定して
いろいろ遊んでみようかと思います。


【参考サイト】
No.153 「超かんたんSDR(ソフトウエアラジオ)入門」 (ICOM): 2014年10月2日閲覧
[PR]
by jcc1612 | 2014-10-02 08:01 | Gears | Comments(0)
HP100LX

d0032834_2191242.jpg APRSのトライの途中で納戸の奥から発見したHP100LX、無事に蘇生しました。昔は日本語化して使ってましたが、内蔵電池も尽きてしまい昔、苦心惨憺して設定したRAMディスクの内容もきれいさっぱり消えてしまってました。既に日本語化するツールも処分してしまいましたし、仮に残っていたとしても、もうCONFIG.SYSの書き方も完全に忘れてしまいましたしね。HP100LXはDOS/VじゃなくてDOS/Cですし。
 
 HP100LXは小さく持ち運びが便利、単三2本駆動で一月近く電池がもつし、すぐに復帰するレジューム機能も秀逸等、実にすばらしい逸品でした。これで無線では山で6mRTTYの移動運用なんかもやりましたなぁ。沼田駅のISDN公衆電話でNIFTY-Serveにつないでいたら奇異な眼で見られましたっけ。

 ROMに内蔵しているDataCommという通信ソフトを使えば日本語は表示できませんが、TNCの設定やパケットのモニタには今でも十分使用できます。144.66MHzのAPRSのモニタに使用してみました。(右上の画像) まさに温故知新ですな。

 でもなんかこの空間だけ1990年代前半の雰囲気(笑)だなぁ。

 そういやその後はPocketPostPetのWinCE化や、カシオペアのラジェンダで無線LANとかやったなぁ。ポスペやラジェンダも復活させてみよう。
[PR]
by jcc1612 | 2007-06-04 21:14 | Gears | Comments(5)
TinyTrack3Plus 購入!

d0032834_13212316.jpg JM1CZS氏の御厚意でTinyTrack3Plusの共同購入に乗らせていただきました!

 噂には聞いていたが、本当に小さいな、これ。

 しかし・・・・Foretrex101と、どうやって接続したらいいのだろう・・・・・・??
 APRSデビューはいつのことやら。

 花粉シーズンが終わらないと、ハイキングもできないしね。
[PR]
by jcc1612 | 2007-03-13 13:22 | Gears | Comments(0)
GPS: Garmin Foretrex101 購入

d0032834_1713536.jpg 低山薮山歩きのために、腕時計タイプのGPS、Garmin Foretrex101パソコンGPSショップにて購入しました。「カシミール3D」というソフトを使うと、山中のどこを徘徊(笑)してたか一目瞭然ですね。

 でも間もなく花粉症のシーズンが始まると、私の薮山歩きも強制終了(笑)を余儀なくされます。
 ・・・・せっかく購入したGPSの有効活用はないかな?と考えています。

 アマチュア無線で・・・・となると、ナビトラよりも全世界フォーマットでもあるAPRS(Automatic Position Reporting System)でしょうか。いろいろネットで調べていますが、TinyTrak3と、GPS装置があれば、位置ビーコンを手軽に発信できるみたいです。山歩きの記録が無線で取れればそれはそれでおもしろいかと。

 TinyTrak3、どこか国内で輸入販売してくれないですかねぇ?
[PR]
by jcc1612 | 2007-01-31 17:17 | Gears | Comments(4)
PK-4 復活!

d0032834_13293329.jpg ポケットキーヤPK-4、エレクトロデザイン社に修理を依頼していましたが、戻ってきました。

 エレクトロデザイン社QRP係様のご厚情に深く感謝致します。

 これでVO-52やFO-29でのCQ送出がまた楽になるぞ!
[PR]
by jcc1612 | 2005-11-05 13:31 | Gears | Comments(0)
The Dinkey for FT-817

 FT-817を入手したので2004.11.17の”JH3YKV's Amateur Radio News”で取り上げられた、以前から気になっていた、”The Dinkey”を、Fred S Karasekさん(KF6HQC)に注文し入手しました。このThe DinKeyは、バーテックススタンダードのFT-817、FT-897のマイクジャックに差し込んで使える電信用パドルです。

 腕のある人は自作できそうですが、私は暇も時間もないので、Fredさんに注文してしまいました。なんとFredさんいわく、なんと私が「日本から最初のお客さん」だそうです。注文送金して2週間ほどで品が届きました。日本初の栄誉?で良くしていただきました。Fredさん、どうもです。

d0032834_17293360.jpg このDinkeyは、「FT-817で、マイクについている周波数UP/DOWN用のスイッチを、リグ内蔵エレキーのパドルの代わりに使用する機能が付いているのですが、この機能を使ってパドルの代わりにしてしまった」というとてもユニークな発想のアイテムです。大きさは、単三電池とほぼ同じ!電池よりはるかに軽い。余裕で持ち歩けます。それどころか紛失しそうなくらいですな。


d0032834_17294930.jpg FT-817にダミーをつないで実験してみました。マイクジャックにDinkeyのジャックを差し込みますが、このとき真ん中の心棒(FT-817とシールが貼られている部分)の端を押して、カチッと音がするまで差し込みます。ちょっと力が要ります。(同封の英文の注意書きにもこの点が触れられている。)パドルの横を持って力任せに押すと、パドル部が変形してしまいますので御注意を。

 この時点で、パドルを操作すると、ただ周波数がUP/DOWNするだけですので、FT-817の場合はメニューモード36でマイクロホンキーイング機能をONすると、DinkeyでCW(モールス)が打てるようになります!キーイングスピードも、キーヤーウェイトもメニューモードで自分の好みに変更できます。

 移動運用でCWを運用しようとすると、(マイクのUP/DOWNスイッチでCWを打てる器用な人以外は)パドルやキーヤを一式持ち歩かないといけない・・・、結構かさばる・・・という悩みがありますよね。FT-817のお手軽移動には、コレ、なかなかの逸品だと思いますよ。もちろん同じマイクを使うFT-897にも使えると思います。

The DinKey (KF6HQC)

 なおJH3YKV's Amateur Radio Newsで取り上げられた時は、クリスマス特価価格だったようですが、現在価格は$25となっています。郵送代は日本へでも$1でOKのようですが一応問い合わせてみてください。Fredさんはレスポンス良くメールが返ってきます。

 FT-817での移動運用が楽しみです。
[PR]
by jcc1612 | 2005-03-16 18:28 | Gears | Comments(0)