JN1BPM's BLOG !
jn1bpm.exblog.jp

JN1BPM since 1980
My Bookmarks
カテゴリ
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のコメント
▼JH1ICSさん 「..
by jcc1612 at 16:53
失礼しました。FT991..
by JH1ICS at 18:16
50からだとVU専用機は..
by JH1ICS at 18:11
開局当時に比べれば、フィ..
by quinoa64 at 07:01
▼quinoaさん や..
by jcc1612 at 13:45
▼きのあさん 久宮を奪..
by jcc1612 at 13:42
浦島リプですまそんです。..
by きのあ at 10:08
JT65目的のカムバック..
by quinoa64 at 09:53
▼JP1BVRさん Q..
by jcc1612 at 14:52
こんにちは。先日はお世話..
by JP1BVR at 16:24
最新のトラックバック
珍グリッド
from 続 JA1GZK Notes
かわご石山 (太田市/桐..
from 上州東毛 無軌道庵
8J120JAS・「ふじ..
from やまおく@JH最大の難所
LOG BOOK ER/..
from JL3CRS Officia..
Sergei Rebro..
from JH3YKV's Amate..
フォロー中のブログ
記事ランキング
ライフログ
以前の記事
<   2005年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
FT-817

 この1年余り、プレミアム会員も停止して、ヤフオクから遠ざかっていました。(衝動買い防止のため(笑)) 先日、C501が故障してしまったので、先週、何気にヤフオクを検索。その上、以前から気になっていたFT-817をついつい検索してしまいました。ありました・・・しかも1年前より、値も下がってるなぁ・・・・・(逡巡すること数日)・・・・プレミアム会員の再手続きをして、落札してしまいました。これぞここまで抑えていた「衝動買い」以外の何モノでもないや。FT-817を前に、自らを律することができませんでした。(^^ゞ

d0032834_17334075.jpg

 で、本日FT-817が届きました。上はFT-817。右にCW用のパドル。下は衛星通信に使っているIC-910D。(よく考えるとこのパドルも、これが繋がっているミニキーヤPK-4もIC-910Dもどれもみなヤフオクで買ったのでした。(笑))
 いやぁ、これ本当にスゴイや。この大きさでHF~430MHzまで網羅しているとは!すげぇ、技術革新だなぁ。アマチュア無線もまもなく開局25周年。開局した高校生の頃RJX601や610を担いで上ったあの丘に、またこれもって行ってみようかな・・・・

 しかもAMもFMもばっちり聴けるんだなぁ。またBCLも・・・・。

 まさに「原点回帰」の無線機。しばらく楽しめそう・・・・・!

de JN1BPM
[PR]
by jcc1612 | 2005-02-21 17:34 | 50MHz | Comments(0)
JQ1SYQ/JD1 沖ノ鳥島

d0032834_7401771.jpg【日本の極地シリーズ 3】 日本の最南端、「沖ノ鳥島」。北緯20°25′31″東経 136°04′11″、一等三角点もある、東京都心から1740Km南の太平洋上に浮かぶサンゴ礁の無人島である。現在では満潮時水面より顔を出しているのは、北小島、東小島の二つだけで、合せても4畳半くらいしかない。しかし、国際法的に見れば立派な島であり、広大な200海里排他的経済水域(EEZ)を死守する重要な島。そのため、日本政府は、波による浸食による水没を防ぐため、巨費を投じて、波消しブロックなどの大規模護岸工事を行ってきた。最近、中国が「あれは島でなく岩」とクレームをつけてきたので、最近はいろいろと周囲が騒がしくなってきた。国の直轄の地でもあり、先日、石原都知事が沖ノ鳥島で経済活動をすると表明。沖ノ鳥島の今後に注目したいところである。

 政治的な話はさておいて、ここは1976年、日本アマチュア無線連盟が大遠征隊を繰り出し、島に櫓を組んで無線を行った。(7J1RL) その後1979年、そのメンバーの一人の藤原氏が漁船に乗り込み単騎遠征、JF1IST/7J1として、ここから無線運用を行ったが、私は当時まだ無線の免許を持っていなかったので交信できなかった。(私が無線の免許を得たのは1980年)藤原氏は無事帰還した後、NHKに出演、沖ノ鳥島の様子をインタビューされていたのを見た記憶があり、以来、この小さな島は私の憧憬の島となり、いつかこの島で無線をする局と交信するのは「ライフワーク」でもあった。

 しかしこの絶海の孤島にわざわざ無線をしにいく方はなかなか現れない。いわゆる「台風銀座」であり、遠征するのがとても難しいようだ。そして無線を始めて20余年、ついにチャンスは訪れた。左上は2001年6月23日、50MHz CW(モールス)での交信証。工事関係?のJQ1SYQ局による運用であった。小さな無線機(FT-817)を持っての運用であったと聞く。うれしさのあまりモールスを打つ手が震えたのを昨日のことのように思い出す。

 昨年末、「報道ステーション」で沖ノ鳥島の特集をやっていたが、民間人でも行ければ、特に上陸制限はないそうである。沖縄から一日以上船に揺られなければいけないらしいが・・・・・いつかこの島で無線をするのが、私の「夢」である。

 ちなみに沖ノ鳥島で無線をする夢を良く見る(笑) 私は、実際に小笠原父島への船旅(29時間;1990年)でひどく船に酔ったことがあり、船は本当に苦手なのだが、夢の多くは船に揺られるシーンは見事に削除され、いきなり島に上陸するところから始まる。夢とはいえ勝手なものだ。(笑)

 沖ノ鳥島のリンク集は以下が詳しい↓一見の価値あり。
 沖ノ鳥島的FANクラブ あこがれの日本最南端沖ノ鳥島

de JN1BPM
[PR]
by jcc1612 | 2005-02-01 19:35 | QSL Gallery | Comments(0)